品質方針と品質目標

2019年度 品質方針と品質目標


【品質方針
九州プラスチック工業㈱は、製品品質の確保・向上の活動を継続的に行う。
法規制を順守し、お客様に満足され信頼される製品をタイムリーに提供する。

1.九州プラスチック工業㈱は品質活動を計画し、法規制を遵守した活動を行い、その結果を評価して品質向上につなげる。
2.製品品質は、お客様の使用を考慮する。研究開発部門(親会社のデンカ㈱)と密に連携を取り、
品質・環境・安全・コストが確保されているかを確認・改善し、最適に品質設計された製品を製造する。
3.各製造工程のでき栄えを確認し、問題点の明確化と改善を行い、製造工程内の品質の作り込み技術の向上を目指す。
4.各部門がそれぞれの役割を果たし協力しあうことで、全社一体となった品質活動を行う。


【品質目標】
部門毎の活動計画に従い、技術力・現場力の向上に取り組み、チーム力を発揮する。

1. ISO9001:2015の活用と認証更新及び放熱シートへの認証拡張
2. 品質:品質会議(1回/月)等を活用した品質レベルの確認と討議、品質クレームの継続的な低減(該当部門毎の目標数値の達成)
3. コスト:
〇安定操業の継続と製造技術の継続的な向上、トラブルの未然防止
〇効率的生産による製造成績の向上と諸経費の最適化(予算営業利益の確保)
〇損害賠償を伴う重大品質クレームゼロの継続
4.納期:生産性向上/増産、多品種少量生産への効率的な対応。(納期遅れ件数ゼロ)

2019年4月1日
九州プラスチック工業㈱
代表取締役社長
小山一幸