会社沿革

1964年(昭和39年)
電気化学工業(株)と(株)古賀商会の折半出資(300万円)で設立。
大牟田工場の肥料・カーバイド・サルフェックス等用包装袋を生産。
1965年(昭和40年
雨どい本体工場新設。
大船工場の押出系列を移設。
1969年(昭和44年)
電気化学工業(株)と東洋化学(株)との折半出資となる。
1970年(昭和45年)
資本金1,000万円に増資。
雨どい部品工場新設。
1973年(昭和48年)
コルゲート管設備新設。
1974年(昭和49年)
資本金2,000万円に増資。
1988年(昭和63年)
放熱シートの打抜き作業・検査作業の全てを受託。
1989年(平成元年)
新事務所完成。
中口径コルゲート管設備新設。
PVC配合新工場完成。
放熱シート加硫工場操業開始。
1990年(平成2年)
大口径コルゲート管設備新設。
1998年(平成10年)
ISO9001認証取得。
2003年(平成15年)
電気化学工業(株)の100%子会社となる。
2006年(平成18年)
コルゲート管部位品成形用ブロー成型機を導入。
2010年(平成22年)
放熱シート部 原反工程を受託。
2014年(平成26年)
創立50周年を迎える。
2015年(平成27年)
親会社の電気化学工業(株)がデンカ株式会社に社名変更。
2018年(平成30年)
熊本県より、ブライト企業に認定。
2019年(平成31年)
創立55周年を迎える。