品質方針・品質目標

2021年度 品質方針

九州プラスチック工業(株)は顧客満足度の向上を目指して、コンプライアンスを遵守し、
デンカグループ企業ガバナンスの下、信頼される製品をタイムリーに提供する。

1.常に品質意識の向上を図るため、計画的に品質活動を実施し、評価する。

2.属人化を排除してルールを定めると共に、法令・規則・条例・社規・社則をはじめ
 作業手順に至るまでルールの順守を徹底する。また、常に変化するルールをチェックし、
 見直しを行う。

3.各製造工程では、出来栄えを確認し、記録、報告する。これに基づいて常に課題を
 明確化し、改善を検討して評価する。

4.各部門がそれぞれの役割を果たし協力しあうことで、全社一体となった品質活動を行う。

 

2021年度 品質目標

部門毎の活動計画に従って、チームで課題に取り組み、技術力・現場力の向上を図る。

1.ISO9001:2015を継続的活用して重大品質クレーム発生を防止。<不適合/是正管理の運用>

2.工程能力指数や工程管理図等客観的な指標に基づいて各工程の品質レベルを把握し、
 課題を明確化し、改善計画を策定。
 品質会議(1回/月)等を活用して進捗確認する。<継続的改善の実施>

3.設備管理を強化して安定操業を継続する。<予知保全の確立>
 製造成績を的確に把握して、効率的な生産を導入する。<予算営業利益の確保>

4.増産や計画外生産にも前向きに対応するが、品質確認して効率的に実施。
 <変更管理の適用>

 

2021年4月1日
九州プラスチック工業(株)
代表取締役社長
伏井 康人