社長方針・社長挨拶

2021年度 社長方針

1.安全・衛生・保安・環境・品質の確保と向上
安全最優先を基本方針とし、安全・安心で明るい職場を目指す。
新型コロナウィルス感染対策については行政の指導レベルを完全順守。
リスクアセスメントの実施を徹底し、活用を推進する。
危険予知、ヒヤリハット、潜在危険個所摘出活動を活性化し、予知保全を推進する。
カーボンニュートラルへの取り組みを開始する。また、全員の品質意識の向上を図る。

 

2.人財育成活動の継続的な推進
人財育成を推進して「自ら学び、行動できる人財」を目指す。
社内教育(九プラテクノスクール)、社外教育・セミナー、資格取得等を推進。
部門内、部門間の応援や協力、コミュニケーションを促進し、新人、未熟練作業者への
教育システムを導入することで、全従業員合わせた総合力の向上を図る。

 

3.既存業務の生産性向上と新規分野での事業取り組み
生産プロセス・業務プロセス改革の取り組みで既存業務の生産性を向上させる。
コスト意識を浸透させ、提案活動で全員の知恵を掘り起こし、職場改善MT、製造MT等を
通じて着実に進捗させる。また、新規分野、新規事業の検討を進め、受託業務拡大を図る。

2021年4月1日
九州プラスチック工業(株)
代表取締役社長
伏井 康人

 


社長挨拶

 当社は社会環境や人の生活環境になくてはならないモノを製造しています。
 主力製品のコルゲート管は土木分野や農業分野で用いられ、雨どいは住宅や倉庫などの
大型建屋の建築資材として快適環境に大きく貢献しています。
 また電気絶縁性を持つ放熱シートは、電子部材の省エネルギー分野で益々の成長が期待
されています。
 人の生活に役立つ「良いモノづくり」を、早く、安く、タイムリーに継続することが、
私たちの使命と考えています。
 健全経営を継続することはもちろん、一緒に働く仲間の従業員に自ら学び、自ら行動して、
「働く喜び」を感じてほしいと願っています。そのことが社会的責任を果たし、社会貢献にも
必ず結びつくと思います。
 何卒、当社へのご期待・ご支援・ご指導を賜りたく、宜しくお願い申し上げます。

社長

九州プラスチック工業(株)
代表取締役社長
伏井 康人